確実に仮性包茎を治す!自宅で出来る包茎の治し方を紹介!
包茎 治し方
内臓の病気


子宮付属器炎

 子宮付属器炎とは、女性の子宮内の卵巣や卵管でおこる炎症性の病気で、これもまた包茎により引き起こされます。

 子宮付属器炎は、一般的な「大腸菌」「ブドウ球菌」「連鎖球菌」などの細菌によっても引き起こされるため、それらが溢れる包茎はもはや病巣ともいえます。

 症状は下腹部に痛身を感じ発熱するようになり、不快感や嘔吐など消化器系の症状がでる事もあります。炎症が更に進み悪化すると骨盤腹膜炎や汎腹膜炎などを病気を引き起こします。

 治療では症状により入院する場合もあり、抗生剤を服用したり点滴するなどの対応を取ります。


包茎直し方TOP
内臓の病気TOP
次ページ
前ページ
Copyright(C)2009〜
包茎を短期間で治す直し方


[AD]