確実に仮性包茎を治す!自宅で出来る包茎の治し方を紹介!
包茎 治し方
性器の病気


排尿障害

 排尿障害は、尿を出す際に「尿が出しにくい」「尿がもれる」「尿が出る回数が多い」「尿が出る時に痛い」などの症状でてきます。

 包茎が原因で引き起こされる症状としては、出しにくさや痛みなどが挙げられ、本来は日に何度も行う排尿を限界まで我慢し、少ない回数で済まそうとすることがあり、更に別に器官に影響を与える事もあります。

 排尿障害の原因は、亀頭や陰茎が炎症を起こして肥大し、尿管を圧迫する事で症状が現れます。

治療は炎症を起こした原因の汚れをきれいに取り除き、細菌の繁殖を抑え炎症を鎮める抗菌薬の軟膏を塗り、尿道の炎症がある場合には抗菌剤を服用する事になります。


包茎直し方TOP
性器の病気TOP
次ページ
前ページ
Copyright(C)2009〜
包茎を短期間で治す直し方


[AD] ・本気出会い比較!確実出会い系