確実に仮性包茎を治す!自宅で出来る包茎の治し方を紹介!
包茎 治し方
性器の病気


尿道炎

 尿道炎とは、包茎が原因で包皮内にたまった恥垢に細菌が繁殖し、その細菌が尿道に感染することで引き起こされた炎症の事を指します。

 尿道炎は感染してから1〜2週間後に違和感を感じるようになり、尿を出す際に痛みや不快感を伴い、尿道から分泌物やうみがでるなどの症状が現れます。

 また尿道炎は性行為でパートナーに細菌が移り、性感染症では「淋菌性尿道炎」や、クラミジアなどによる「非淋菌性尿道炎」が引き起こされます。

 淋菌性尿道炎の治療では、ペニシリンなどの抗菌剤3日間ほど服用する事で症状が治まり、非淋菌性尿道炎の場合には7〜14日間ほど抗菌剤を服用する事になります。


包茎直し方TOP
性器の病気TOP
次ページ
前ページ
Copyright(C)2009〜
包茎を短期間で治す直し方


[AD] ・石川県優良出会い系無料