確実に仮性包茎を治す!自宅で出来る包茎の治し方を紹介!
包茎 治し方
嵌頓包茎


 嵌頓包茎(カントン包茎)とは、包皮口が狭い状態にあり、通常時は亀頭を出すことができても、勃起時には出すことができない状態の事を指します。

 真性と仮性のちょうど中間にある嵌頓包茎ですが、場合によっては真性よりも大きなダメージを体にもたらす事があります。

 それは通常の状態で亀頭を露出したまま勃起してしまった場合で、狭い包皮口が膨張した亀頭の締め付け、人間の首を絞めたかの様にうっ血し、血が廻らないことから組織が壊死してしまう事もあります。

 また完全には皮がむけないことから内部はやはり不潔な状態になり、細菌性の感染症を発症する危険性が高くなります。

 嵌頓包茎も真性と同様に、一刻も早く手術を行う必要があります。


包茎直し方TOP
次ページ
前ページ
Copyright(C)2009〜
包茎を短期間で治す直し方


[AD] ・出会い携帯ランキング