確実に仮性包茎を治す!自宅で出来る包茎の治し方を紹介!
包茎 治し方
亀頭と包皮


 包茎はどのような仕組みになっているのでしょうか。

 「仮性包茎」は包皮を自由に剥くことができるため、その構造は容易にわかりますが、「真性包茎」や「嵌頓包茎」の場合は内部構造を確認する事はできません。

 「真性包茎」や「嵌頓包茎」の場合、まず包皮口が非常に狭くなっており、そこから表面積が大きい亀頭は顔を覗かせることができません。

 また包皮が亀頭と癒着し一体化していることもあり、そうなれば手ではがす事は不可能となります。

 包皮口の狭さはまた別な影響もでてきます。狭い事で亀頭周囲が圧迫を受け、亀頭や陰茎の発育が妨げられ、成長できないことから短小になる可能性もあります。


包茎直し方TOP
次ページ
前ページ
Copyright(C)2009〜
包茎を短期間で治す直し方


[AD]